無料体験実施中!

のや接骨院ブログ

2015年07月09日 木曜日

太りやすい人、太りにくい人の違い|名古屋市北区志賀本通駅すぐ、のや接骨院ブログ

ダイエットを意識して、食事も制限しているのになかなか
思うように体重が落ちない……。
反対に、特に何もしていないのに、スリムな体をキープしている人もいます。
その違いは「体の冷え」にあるかもしれません。
一見すると、無関係そうなダイエットと冷えの関係性について、お話します。

そもそも、太りやすい人、太りにくい人の違いはどこにあるのでしょうか?

それは、基礎代謝が大きく関係していると考えられます。
基礎代謝とは、内臓の活動や体温の維持など、
生命活動を行うために必要な最低限のエネルギーのこと。
日常生活における1日の総消費エネルギー量のうち7割を占め、
基礎代謝はおもに体温の維持に使われています。

 つまり基礎代謝が高ければ、体を動かさなくても、
自然と温かくカロリーを燃焼できる体になるということなのです。
このため、基礎代謝は体の冷えとも大きな関係があるのです。

基礎代謝の4割近くを産み出しているのが筋肉です。
ですから、筋肉量が少ない人は基礎代謝が低く、
体が冷えている人が多いのです。
基礎代謝量の違いに加え、過度なダイエットなどで
栄養不足の人も、特に冷えやすい傾向にあります。

ダイエットに最適な季節は、冬なんです。
冬は脂肪を溜め込みやすく、ダイエットに向かないと
思いがちですが、それは大きな間違い。

冬は気温が低いので、体温を保つためにそもそも夏に比べて
基礎代謝が1割高いのです。
ですから本来、この時期はダイエットに最適なのです。
ところが、熱を上手に生み出すことができない冷え症の人は、
基礎代謝も低い状態。
また、体温が1度下がると代謝が12〜20%も低下するといわれており、
体の冷えはやせにくい体につながるといえます。

 ですから、効率よくダイエットを成功させる秘訣は、筋力をつけ、
体の内外からしっかり温めて代謝アップを狙うこと!

のや接骨院の鍼灸で身体の中から、温めてみませんか?


お問い合わせ
お客様の声はこちら

ページの先頭へ