無料体験実施中!

のや接骨院ブログ

2016年03月24日 木曜日

めざせ36.5℃!女子力を上げる温活のススメ

体温を適正温度まで上げることで、本来持っている女子力を取り戻し、冷え性や生理痛など女性特有の悩みを改善するが話題です。今は季節の変わり目で、体調管理難しいです。温活って響きもいいですよね。というわけで、カラダをほっこり温めて、健康美人をめざしましょう!

自分の平熱を知っていますか?
平熱とは、健康時の起床時、午前、午後、夜の食後を除く4回の体温を2,3日測り平均した数値のこと。日本人の平均的な平熱は36.8℃と言われていますが、最近なんと35℃台低体温女子が増えているそうです。

 

Q,低体温になるとどうなるの?

体温が1℃下がると代謝は12%抵抗力免疫力は37%落ちるといいます。
そのため、更年期障害、新陳代謝の低下による肌のくすみ、自律神経失調症、生理不順といった不調が起きてきます。新陳代謝が低いと、体の組織が更新、修復されにくいため、老化のスピードが早まります。
脂肪がつきやすいことから、食べた分だけしっかり太る、いわゆる「太りやすい」女性は低体温の場合が多いです。
さらに、低体温・冷え万病の元ともいわれ、肩こり頭痛腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの不快症状も現れます。
かぜ等のウイルスに感染すると、通常は体温を上げてウイルスを死滅させようとしますが、低体温では内臓の温度が上がりにくく、抵抗力が弱まり、かぜが治りにくくなります。

つまり低体温=「カラダの冷え」は、悪いことだらけ。35℃台と36℃台、ほんの1℃の違いが、女性の人生に大きな影響をもたらします。

だからこそ「温活」!

冷えの原因は「ストレス」「睡眠不足」「偏った食事(お菓子が多いなど)」「喫煙」「姿勢の不良・歪み」「筋力低下」です。
これらをできるだけ生活から排除すれば、体温は上昇します。めざすは36.5℃!

 

のや接骨院で、「温活」をしませんか?

また、「姿勢の不良・歪み」「筋力低下」を治すと温活効果を高めることができます。

 

毎月の日は、お灸の日!

4月29日(火)に、500円お灸体験できます。

ご予約下さい。

 

のや接骨院
〒462-0829
愛知県名古屋市北区杉栄町5-108-2
TEL:052-916-7875

 

 


お問い合わせ
お客様の声はこちら

ページの先頭へ