無料体験実施中!

あすなろ接骨院 高畑院

2015年07月07日 火曜日

冷房病について!!|名古屋市中川区のあすなろ接骨院のおもしろ日記

腰や首・肩の痛みが気になりませんか?その原因は骨格や骨盤の
歪みからなのです。骨格・骨盤の矯正・施術は中川区の『あすなろ接骨院』
sign03

みなさんこんにちは~

今週は、ちょっとだけ梅雨空に戻り雨の多い週ですがみなさんは、体調を

崩されたりはされてないですか?

今回は冷房病のお話をしたいと思います。

冷房病は、冷房が強く効いたエリアに長時間いた後、外気温にさらされる

ことを繰り返したときに起こる、自律神経の気脳不良のことです。

自律神経の働きが不安定な乳幼児や高齢者、得すぎで冷房の強いオフィスに

いることが多い女性労働者に多く見られます。

『症状』は体の冷え、むくみ、疲労感、肩凝り、頭痛、神経痛、腰痛、腹痛

食欲不振、便秘、下痢、頻尿、不眠、鼻炎、月経不順ナドガ上げられます。

対策としては・・・

1、自律神経の機能を整える行為全般、規則正しい生活、ストレスの回避

  喫煙など。

2、冷房を弱くし、外気温の差を5℃以内にするまた、冷風が直接皮膚に

  当たらないようにする。

3、軽く汗をかく程度の運動をし、体温調整機能を刺激する。

以上のことを気にしながらこの夏を乗り切りましょうsun

                                    


お問い合わせ
お客様の声はこちら

ページの先頭へ