無料体験実施中!

あすなろ接骨院 高畑院

2015年07月07日 火曜日

冷房病には気をつけて!!|名古屋市中川区のあすなろ接骨院のおもしろ日記

出産後、腰の痛くなる日が日に日に多くなったり

以前に履いていたズボンがきつくなってしまった。

体重が戻りにくい、下半身が太くなって気になる。

足が冷えたりむくみが気になる。

そのような方に朗報です。

あすなろ接骨院では出産後の骨盤矯正の治療

をしています。

上記に書いてある症状を改善することができます。

そのようなことでお悩みの方は、あすなろ接骨院へ

お気軽にお尋ね下さい

暑い日には欠かせないエアコンですけど

もかけっぱなしは体の調子を崩してしまいます。

冷房病の症状

 主な症状は次のようなものです

●体や手足の冷え・ほてり、肩こり、しびれ、慢性疲労

●めまい、のぼせ、倦怠感、頭痛、下痢、食欲不振

●便秘、不眠、肌荒れ、生理不順、神経痛

●風邪をひきやすい、トイレが近い、イライラ などです。

予防と対策

 人間の体が対応できる気温差は5度以内といわれています。

まずは室内と室外の温度差を5度以内にすることが理想的です。

それが難しい場合は室温を28度を目安にし、できるだけ

24度以下にならないようにしてください。

 外出先では冷気が直接肌にあたらないよう上着を着る、

長時間座っていなければならない場所では座る位置

をずらしたり、ひざ掛けを使うなど工夫しましょう。

時には屈伸や簡単なマッサージなどの軽い運動

をするのもよいでしょう。血行を回復するために入浴は

少しぬるめのお風呂(37?38度)でゆっくり半身浴を

することがお勧めです。

 また、冷房病は日頃の生活習慣にも影響を受けています。

規則正しい生活をすることが重要です。栄養バランスや

一日3食はもちろん、体を温めるような食事を心がける

ことも必要です。また、日頃から適度な運動を習慣にして

ある程度の筋肉をつけておくことも冷房病の予防につながります


お問い合わせ
お客様の声はこちら

ページの先頭へ