HOME > 治療内容 >  オスグット(成長痛)

オスグッド病は成長期の男の子に多くみられる膝下の痛みで、発症する人の90%以上がスポーツをしていると言われています。

原因は大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の緊張です。この筋肉の緊張によって膝下の部分(脛骨粗面)が引っ張られて痛みや炎症を引き起こしています。

オスグッドは電気やアイシングでは治りません。一時的には痛みが治まる場合もありますが運動するとまた痛めてしまいます。そのため成長が落ち着くまで治らないと言われるんですね。

治療法はまず大腿四頭筋の緊張を緩めてあげることが大切です。

それから骨盤が後傾して大腿四頭筋の緊張をより強くしていることが多いため骨盤矯正も必要になります。

運動を休むことで治る子もいますが早く治したいのであればオスグッドのことをちゃんと理解している治療院を選んでください。

 

こんなお悩みありませんか?

  • 膝下が腫れて押さえると痛む
  • 走ると膝下が痛い
  • 正座ができない
  • 激しい練習をやっていて膝に負担がかかっている
  • 一度治ったが最近また痛くなってきた
お問い合わせ
お客様の声はこちら

予約

ページの先頭へ