HOME > 治療内容 >  坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が圧迫されて起こる痛みやしびれなどの症状のことを指します。 多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれるような痛みがあらわれます。

坐骨神経痛は病名ではなく1つの症状として扱われることが多いです。

ヘルニアとか狭窄症に付随して起こる症状ということです。

当院では痛みに影響している複数の筋肉をハイボルテージという特殊な電気治療器を使いストレスのない正常な状態にしていきます。

この突っ張っている筋肉を正常に戻してあげるだけで症状が無くなっていく人も多いです。

お問い合わせ
お客様の声はこちら

予約

ページの先頭へ