今すぐ応募する
HOME > 先輩インタビュー >   >  岡本和也

岡本和也

のや接骨院 岡本和也

この仕事を始めたきっかけ、前職は何を?

野球で故障をしたときにトレーナーさんにお世話になったことをきっかけにこの仕事を志しました。

その後進学先の専門学校で柔道整復師の資格を取りました。

入社の決め手は?

開業する目標があったので、マネジメントが学べる会社としてタフライフグループを志望しました。

入社して苦労したこと、驚いたこと

パソコンが苦手だったので、受付などの事務作業を覚えるのに苦労しました。

作業に慣れるまでは先輩にできない部分をたくさん助けて頂きました。

先輩の方から積極的に話しかけてもらえるので、分からないことなど相談しやすい環境です。

副院長になってから意識は変わりましたか?

今、院長が新しくできた刈谷院の様子もみているので、僕が院長の代わりに院をまとめなければと責任感を感じています。

数字ももちろん意識しますし、院の人員のマネジメントもしないといけないので、毎日とても勉強になります。

タフライフのいいところ

社員みんな行動力があるところが自慢です。

一社員でも経営やマネジメント、教育についてのセミナーに参加できる機会を頂くことがあるんですが、そこで学んだことをアウトプットして他の社員に共有するスピードが早いです!

セミナーで学んだことはすぐに共有をして、そこから目標をたて、それを月単位、週ベースへどんどん落とし込み全員で協力して達成まで取り組んで行きます。

自分たちで計画を考えて達成していくことは、とても自己の成長に繋がりますね。

社長のいいところ

社長はエネルギッシュでタフですごいです!

「今日は福岡、明日は東京」のように、連日セミナーのために全国を駆け巡っていることも珍しくありません。この社長の行動力や熱さが社員にどんどん伝播していっています。

思い出に残る出来事はありますか?

お盆にみんなでバーベキューをしたことです。

のや接骨院のスタッフはみんな仲が良いので、お休みの日も自然と遊びに誘い会うことが多いです。プライベートの話も仕事の話もしやすいです。

あなたの目標を教えてください

今年中に院長になります。そして来年にはSVになりたいです。

あとは院の予算達成を安定的にすることですね。

新入社員へメッセージ

向上心のある方はぜひ一緒に働きたいです。

先輩インタビュー一覧へ

ページの先頭へ